HOME書籍その他七十二候のゆうるり歳時記手帖

その他

立ち読み

七十二候のゆうるり歳時記手帖

七十二候を知れば、三百六十五日の日常が宝物に変わります。

もともとの暦の語源は「日読(かよ)み」。日本の暦は、花鳥風月の情緒があふれ、暮らしに役立つ知恵の宝庫です。二十四節気は、一年を二十四分割し、風情ある二文字の言葉で表現したもの。七十二候は、季節の移ろいを鳥や虫、草花、風などの自然の動きを短文で表現したもの。 例えば、東風解凍(はるかぜこおりをとく)、黄鶯睍v(うぐいすなく)、魚上氷(うおこおりをいずる)――。本書は、美しいイラストとともに、四季の俳句や草花、野菜、生きものなどを紹介します。 繊細な季節の移ろいと、先人の叡知。その温故知新を、ゆうるりと楽しみましょう。

森乃おと
ささきみえこ
価格
¥1620(本体¥1500+税)
仕様
並製 208p A5判変形
ISBN
978-4-8441-3697-2
冊 
この本もオススメ!

空の辞典